清明(せいめい)4月4日~4月18日

2020年の清明はほぼコロナの話題一色

二十四節気でいう「清明」は、「明るくすべてのものが生き生きする頃」です、本来は。2020年の清明はコロナウイルスほぼ一色になっております。私も例にもれず、4月5日(日)に本当は撮影の予定が入っておりましたが、直前に中止になりました。仕方がないので、その日は家族と桜を楽しみました。

 

どさくさに紛れてすごい土筆スポットを見つけましたが、これがまたフェンスの中。ああ、このフェンスさえなければ念願の土筆摘みができるのに、、と恨めしく眺めるのみ。

自宅おこもり開始にあたり用意したもの

先週の4月6日(月)に緊急事態宣言の宣言があり、4月7日(火)に緊急事態宣言が発令されました。私も先週から自宅勤務になりました。

朝は身なりを整えてwebミーティングをして、それから保育所のお迎えまで仕事。往復の通勤時間(2時間)が自由に使えるようになったことは私にとってメリットになるはず!と思ったのですが、意外とタスク管理が難しいな、、ってのが今のところの所感です。仕事の合間に筋トレとかもできるはずなのに、これが意外とできない。どうしたものか。とはいえ、運動不足にならないように、なんとか30分でも歩く時間は確保できるようにしたいものです。おこもりにあたって私が用意したものが、アロマオイルでした。どうせならいい香りのする空間で仕事したいな、と思いまして。そういえば、私は子どもの出産前にも陣痛時にアロマオイルがあると痛みが和らぐと聞いたので用意したことを思い出しました(結局、陣痛時はアロマどころではなかった💦)。

次回は
穀雨(こくう)4月19日~5月4日

この記事を書いた人

西田 めい

西田めい(にしだめい)
大阪の編集プロダクション勤務。書籍編集者。
古事記、百人一首、源氏物語、枕草子、平家物語、奥の細道など、多数の古典関連書籍の編集、執筆を担当し、古典のおもしろさに目覚めました。
趣味はベランダガーデニング。
大学時代は軽音楽部だったので音楽が好きです。
著書に『二十四節気のえほん』(PHP研究所)があります。