悲しみに寄り添ってくれるレッチリの曲3選

先日、とっても悲しいことがありました。

私はその人の死が受け入れ難く、葬儀や通夜に行くことができませんでした。
そんな私にとって救いになっているのが、レッド・ホット・チリ・ペッパーズ(日本での通称:レッチリ)にギタリストのジョンフルシアンテが戻ってきて、活動が再開されたことです。最新アルバム『Unlimited Love』は2019年末にジョンが3度目の復帰をするニュースを聞いてから待ちに待っていたので、全曲味わい深い。ついでに過去の曲も聞いていたら、今の悲しみにものすごく寄り添ってくれる曲があるわけです。3曲挙げてみたいと思います。

1位  Venice Queen / ヴェニス・クイーン

8thアルバム『BY THE WEY』の一番最後の曲で、アルバムで聴くと普通だと思っておったのですが、スレインキャッスルライブのパフォーマンスは素晴らしくて泣けてきます。
歌詞も秀逸です。私はニコニコ動画で和訳歌詞を見てより一層ハマりました。ボーカルのアンソニーを薬物中毒から救ったカウンセラー、肺がんで亡くなったグロリア・スコットについて歌われています。

Goodbye so long(さよなら、また会う日まで)

歌詞の最後の言葉のように、私もそう思えたらいいんだけど。。。

2位 Otherside/ アザーサイド

7thアルバム『Californication』に収録。こちらもスレインキャッスルのライブを。ジョンのコーラスがより一層エモくて胸アツです。レッチリの初代ギタリストであり、アンソニーとフリーの親友でもあったヒレル・スロヴァクについて歌ったものと思われます。オーバードーズで若くして亡くなったヒレル、そしてアンソニーが今も抱える苦悩。誰だって、アザーサイドを抱えて生きているよね、、、と。

3位 My Friends/マイフレンズ

6thアルバム『One Hot Minute』に収録。ジョン脱退1回目に当たるデイヴ・ナヴァロ時代の名曲。デイヴも深い悲しみを抱えている人だしなあ。ギターソロが胸に刺さります。親友リバーフェニックスを失ったフリーが、アコースティックギターで作った曲。

 

いや、
Under The Bridge/ アンダーザブリッジ
(5thアルバム『Blood Sugar Sex Magik』の名曲)

Dark Necessities/ダーク・ネセシティーズ
(11thアルバム『The Getaway』に収録)

も悲しくて沁みるけど。レッチリはアンソニーの歌詞も味わい深いので、リリック本(日本語で)出して欲しいです。

この記事を書いた人

西田 めい

西田めい(にしだめい)
大阪の編集プロダクション勤務。書籍編集者。
古事記、百人一首、源氏物語、枕草子、平家物語、奥の細道など、多数の古典関連書籍の編集、執筆を担当し、古典のおもしろさに目覚めました。
趣味はベランダガーデニング。
大学時代は軽音楽部だったので音楽が好きです。
著書に『二十四節気のえほん』(PHP研究所)があります。