それとこれは別! と思いたい件

●働き方革命の途中

先週末くらいから仕事で
急激に大変なことがあり、
もはや虫の息になっておりました。

はじめたばかりのブログもストップ、
週一で行っている筋トレのジムも行かず、
家で筋トレをする気もせず、
ご飯を作る気もせず、
家に帰るともう家事や育児で
仕事はできないのに、
クヨクヨと仕事のことを考えてしまい‥‥。

これじゃあ、イカン!
仕事はダメだけど
筋トレはやったらいいはず。
なのに、動く気がしない。
なぜか? と考えていて、
「あなたは物事をすべて
関連させて考えるクセがある」と、
昔、神戸の有名な占い師さん
(青い雫、という人でした)
に言われたことを思い出しました。
そーゆーとこ、確かにあります。

そもそも好きなことを
仕事にしているので
仕事とプライベートの境界は曖昧。
子ども産む前は90%が仕事みたいな
働き方をしていて
仕事がダメになると
すべてが倒れる感じ。
自分でもライフワークバランスが
おかしいと感じていました。

出産からの職場復帰後は
ライフワークバランスを
整えよう! と思っていたのですが、
時間が区切られても
意識まで分けることが
できていないのかもしれません。

●自分ではどうしようもないことと、
「自分の幸せ」は切り離すべし

そして今。
私はもっと物事を
切り離して考えていくべきなんでしょう。
ドミノ倒しみたいに
すべて共倒れになるわけにはいかない。
仕事はダメでも
筋トレは関係ないからやったらええねん、と。
ブログも書いたらええねん。
体は元気だし、
家族も元気だから十分幸せのはず。

以前、私が編集に携わった本
『なぜかいいことを引き寄せる人の「幸福の法則」 』(PHP研究所)で
藤本さきこさんが

相手の時間や気持ちは
コントロールできません。
そこに自分の幸せを委ねて、
無駄なエネルギーを注いでも
仕方ありません。
自分ではどうしようもないことと、
「自分の幸せ」は切り離せばいいのです。
※元の出典は

『お金の神様に可愛がられる「人づき合い」の魔法』(KADOKAWA)

と、いわれていたことを思いだします。

本

本の中身

 

なんでも関連づけて考えていると
いつの間にか身動きとりづらくなるんだと思います。
きっとそれが今の自分なんでしょう。
まずは軽くヨガからでも、
体を動かして意識を軽くしていきたい、という話でした。

●まとめ
うまくいかないこと
(考えてもどうしようもないこと)は
できるだけ切り離す!

●蛇足
そして、昨日までキッチンの排水溝が詰まっていたのを水道業者さんに直してもらい、すごくスッキリしました。水回りと金運は繋がってるというし、これで金運=仕事もうまくいくかも!?
都合のいいことはつなげますw

ちなみにアイキャッチは
もう離島とかに行きたい、、
という願望の表れです。

たまたま鳥居があって絶景神社でした。
壱岐小島神社らしいです。

壱岐小島神社

この記事を書いた人

西田 めい

西田めい(にしだめい)
大阪の編集プロダクション勤務。書籍編集者。
古事記、百人一首、源氏物語、枕草子、平家物語、奥の細道など、多数の古典関連書籍の編集、執筆を担当し、古典のおもしろさに目覚めました。
趣味はベランダガーデニング。
大学時代は軽音楽部だったので音楽が好きです。
著書に『二十四節気のえほん』(PHP研究所)があります。